注文も出来る商品一覧

コエンザイムキュー10・CoQ10(コーキューテン)で老化防止、美肌、活力の源
CoQ10(コーキューテン・コエンザイムQ10)コエンザイムQ10とは・ コエンザイムQ10の効果、摂取量、副作用、安全性など
コエンザイムQ10は含有量だけではありません吸収性が大切ですコバヤシ発酵のコエンザイムQ10は水溶性だから吸収性に優れます
コエンザイムQ10は、老化防止、美肌になくてはならない成分ですコエンザイムQ10は、人がもともと体の中に持っている
補酵素というもので生物のエネルギー源であるATPを作り出す働きをし老化防止、美肌、活力の源です。しかし、
年齢とともに体の中のコエンザイムQ10は減ってしまうので食事やサプリメントなどで補給することが望ましいのです。

CoQ10とは・コエンザイムQ10の効果、 摂取量(必要量)、副作用、安全性などについて
コエンザイムQ10は吸収性が大切です、コバヤシ発酵のCoQ10は水溶性だから食後、空腹時を問わず優れた吸収性が有ります。

若々しくフレッシュな毎日へ!誰しも歳をとっていくことは避けられない。
けれど、元気で前向きでいろんなことを楽しめれば、きっと
健やかな毎日と若々しさも、コバヤシ発酵健康食品のCoQ10は
そんな毎日をサポートするために誕生しました。

コエンザイムQ10・CoQ10とは、
もともとカラダに存在する成分です。
CoQ10は、およそ60兆ともいわれる全身の細胞全てに存在してエネルギーを作り出しています。
健康な人は、体内に約700mgの
コエンザイムQ10を持っています。
このカラダに存在するコエンザイムQ10は、食物からエネルギーを作り出すために必要な働きをしています。
体のエネルギーは、細胞内で食物から摂取した栄養素をミトコンドリア内で酸素と反応させ燃焼させることで作り出されます。
コエンザイムQ10・CoQ10は、この栄養素を燃焼させる仕組みを、働かせるために必要な補酵素なのです。
エネルギー燃焼が活発でないと若さの維持は出来ません、健康も


CoQ10.600円
CoQ10.600円
商 品 名 CoQ10
名    称 コエンザイムQ10水溶化粉末
形   態 ハードカプセル
原 材 料

コエンザイムQ10 ・ 糖 ・ソルビトール ・ デキストリン ・ アラビアガム ・ リンゴ酸

内 容 量 1粒約300mg120粒入
規格成分

1粒にCoQ10を15mg含有

召し上り量 1日4カプセルを目安
 
数量:
 

CoQ10パウダー
 14800円
 CoQ10パウダー 14800円
商 品 名 CoQ10
名    称 CoQ10水溶化粉末
形    態 顆 粒
原 材 料

コエンザイムQ10 ・乳糖ソルビトール ・デキストリン ・アラビアガム ・リンゴ酸

内 容 量 100g
規格成分 5%のCoQ10を含有
召し上り量

添付スプーンすり切り一杯で約50mgのCoQ10を摂取できます1日1000mgを超えない範囲でお召し上り下さい

 
数量:
 

CoQ10は、およそ60兆ともいわれる全身の細胞全てに存在しています。
大切な成分であるにもかかわらず、加齢と共に減少し60代では20代の半分近くに減少してしまいます。

しかも食事から摂取できる量は一日平均 6.5mgと非常に少ないのです。
CoQ10は含有量だけではありません吸収性が大切ですコバヤシ発酵のCoQ10は水溶性だから食後、空腹時を問わず、優れた吸収性が有ります。

水溶性・CoQ10
通常コエンザイムQ10は黄色ないしオレンジ色をした結晶状で、匂いや味はなく、光に弱い性質があり色はオレンジ色です水に殆ど溶けません。 別名ユビデカレノンまたはユビキノンともいいます。
CoQ10は、油性ですから通常は食用油と共にソフトカプセルに封入します。
コエンザイムQ10は、油性で吸収性に問題がありますが、
弊社の提供するCoQ10は水溶化されているため非常に吸収性に優れ、空腹時などお召し上がりの時期 も選びません。
コバヤシ発酵健康食品ネットショップの原料は100%が日本製です。近年のCoQ10ブームで、海外製の原料も流通しています。
水溶化され非常に吸収性に優れた、CoQ10は空腹時などお召し上がりの時期を選びません。

CoQ10の化学構造

 

化学構造は、キノン(六角の構造部Qと表示される)にイソプレンという鎖が10個結合していことをあらわしています。
又、コエンザイムとは補酵素という意味です。

人組織内のコエンザイムQ10濃度比較

年齢によるCQ10量の減少

CoQ10を最も多い身体部位は心臓です、 その心臓を100
としたときの身体各組織のCoQ10含有量

加齢と共に減少し60代では20代の半分近くに減少。

コエンザイムQ10の働き

コエンザイムQ10は、もともとカラダに存在して食物からエネルギーを作り出すために重要な働きをしています。
体のエネルギーは、細胞内で食物から摂取した栄養素を酸素と反応させ燃焼させることで作り出されます。カラダに存在するCoQ10は、この栄養素を燃焼させる仕組みを、効率良く回転させるために必要な補酵素なのです。
補酵素とは、体内で酵素の役割を助ける働きをするもののことです。酵素は、体内で物質を分解したり合成したりするときに働く重要な物質ですが、CoQ10はその酵素の働きを円滑にするために必須の補酵素としての存在なのです。

CoQ10の体内分布量が少なくなるとCoQ10は生命維持のために必要な部位から優先的に補われていきます。特に休みなく動き続ける私たちの心臓といった内臓器は生命維持のために大量のエネルギーを必要とします。左上の図を参照して下さい、心臓、腎臓、肝臓と活発な活動を必要と知る臓器はCoQ10も大量に必要とされ、優先的に補給されます。
慢性的なCoQ10の不足は生成力の落ちた身体となり、細胞でエネルギーを作り出す量をも減ってしまうことになります。細胞に力がなくなることは臓器の働きも衰えていくことになります。
ましては、お肌の細胞にまで行き渡らないしたら、女性の大敵、肌の老化は著しく進行してしまいます。

コエンザイムQ10の必要量

コエンザイムQ10の1日の必要摂取量は一般的に60から100mgといわれていますが、これはあくまでも健康を維持するために最低でも必要とされる目安とされています。食事から摂取できる量は1日平均 6.5mgと非常に少ないのです、現代に生きる私たちは栄養素がアンバランス且つ不足気味。だから最低必要量を摂るだけでは、ある程度の結果が得られるというのが現状です。もっとキレイなお肌や、より高いレベルの美容を目指すなら、最低必要量以上を摂ることが必要不可欠と考えられます。

コエンザイムQ10の副作用・安全性
過剰摂取による副作用などの報告は有りませんので安心してお召し上がり下さい。

コエンザイムQ10のより効果的な摂取方より効果的なサプリメントの組み合わせ)
シトルリンで基礎代謝を 上げ燃焼ベースを作り出す、遊離脂肪を速やかにミトコンドリアに運び込むカルニチン(カルニチン無しでは決して脂肪酸は燃焼機関のミトコンドリアに入る事は有りません)を組み合わせるなどが賢いと思われます。