注文も出来る商品一覧

 カ ル ニ チ ン 

脂肪はカルニチン無しでは決して燃焼させる事は出来ません、カルニチン無しでは脂肪を
燃焼器官のミトコンドリアに運び込めないからです。
カルニチンダイエット・・・カルニチンの脂肪燃焼効果で副作用もなく健康的にダイエット!
カルニチンの脂肪燃焼効果・慢性疲労症候群・摂取量
(必要量)・副作用・安全性・欠乏症・過剰摂取

カルニチン無しで脂肪を燃焼させる事は決して出来ません
●エネルギーを作るにはカルニチンが必要、カルニチンが不足すると脂肪を蓄積しやすくなり太りやすくなります
●カルニチンが不足すると疲れやすくなり慢性疲労症候群の原因ともいわれています
●カルニチンは加齢と共に特に中年以後減り続ける
●カルニチンダイエット、毎日の運動にカルニチンをプラスして健康的にサポート
●メタボリックシンドロームをカルニチンで副作用もなくダイエット
●カルニチンにリジンを独自配合だから中性脂肪燃焼効果が有り効果的なダイエット
カルニチンは発酵法により作られた、純度100%の良質のカルニチンです

カルニチンの効果

脂肪燃焼・カルニチンダイエット
カルニチン無しでは脂肪酸は決して燃焼させる事は出来ません。
何故なら脂肪はカルニチン無しでは脂肪燃焼器官のミトコンドリアに運び込めないのです
カルニチンは肥満の治療薬では有りませんが、危険なダイエット物質でもありません、健康維持の必要成分です。
L-カルニチンは健康に役立つ必要成分なのです、太りやすい体質の問題などや中年以後に起こる肥満、体脂肪増加、慢性疲労はカルニチンの激しい不足に因ることが一因です、カルニチンダイエット(カルニチン補給)は健康的に副作用もなく安全に肥満、体脂肪の問題をサポート出来るのです。

カルニチンの摂取量(必要量)

成人で1日200〜300mgが必要
L−カルニチンはリジンとメチオニンというアミノ酸から5種類の酵素作用で五段階を経て肝臓や腎臓で合成されるアミノ酸ペプチドですが、合成にはビタミンC 、鉄、ビタミンB6、ナイアシンが必要。
L−カルニチンは体内でも合成していますが、合成経路の最終ステップの酵素が年齢依存性であるため中年以後の肥満、太りやすいの原因となります。
成人に於いて全ての栄養因子が完全に十分量供給されている場合でも、最大で1日約20mgのL−カルニチンしか生合成出来きません、この量は1日に必要な量の10% にしかなりません、したがって外部からの摂取が必要なのです。

特に中年以後のL−カルニチンは不足は中年太り、肥満につながり、生活習慣病の原因にもなります
カルニチンを補う事は大切 なことと考えられます。

カルニチンの副作用・過剰摂取・安全性について

L-カルニチンは、非常に高い濃度で摂取したときに、軽い下痢が報告されています。これは日々必要量の50倍に当たる15gもの大量摂取時に起こる一時的なもので、L-カルニチン特有のものではなくさまざまなもので、大量摂取したときに起こる腸内の浸透圧によるものです。
様々な毒性テストによっても安全性は証明されています。
コバヤシ発酵のカルニチンは、L-カルニチンの世界的リーデングカンパニーであるスイス、ロンザ社の原料です、L-カルニチン原料メーカーは数ありますが、ロンザ社は天然型L-カルニチンを100%純粋製品を供給出来るほぼ唯一の会社です。
ロンザ社のL-カルニチンには、光学異性体であるD−カルニチンを全く含有していません。
アメリカFDAはD型カルニチンを含んだ製品の販売を禁止しました。
コバヤシ発酵のL-カルニチンの安全性は問題ありません、安心してご利用下さい。
カルニチンを適量摂取して燃焼系のコエンザイムQ10や基礎代謝UPのシトルリンをプラスするなどの工夫はさらに効果的です。

カルニチンの欠乏症
中年太り L-カルニチンとCoQ10

「中年になって体重が10キロ以上も増えた」「お腹の脂肪がだぶつく」「ダイエットやウォーキングをしているのに痩せない」
食べると太る・・なのに疲れやすい・・慢性疲労症候群・・・・カルニチン不足かも
?  肥満はさまざまな生活習慣病を引き起こします。
中高年にとって、中年太りは切実な問題です、 カルニチンはこの問題を解決してくれる強い味方です。
さらにL-カルニチンでミトコンドリアに運び込まれた脂肪酸は燃焼に必要なCoQ10を併用すると、より効果的に脂肪が減ると脚光を浴びています。
ダイエットをお考えの方、悩んでいる方、カルニチンを検討してみて下さい。

L-カルニチン  2800円
商  品  名 L-カルニチン
名     称 L-カルニチン
形    態 ハードカプセル
原  材  料 L-カルニチン酒石酸塩・リジン・イノシトール
内  容  量 1粒約300mg 60粒
規 格 成 分 2カプセルにカルニチン250mgリジン200mg含有
召し上がり量 1日2カプセルを目安にお召し上がり下さい
数量:
 
L-カルニチン+CoQ10+リジン
カルニチンにCQ10とリジンをプラス・ダイエットをより効果的にサポート
L-カルニチン+CoQ10 5800円
商  品  名 L-カルニチン+CoQ10
名     称 L-カルニチン+CoQ10
形    態 ハードカプセル
原  材  料 L-カルニチン酒石酸塩・コエンザイムQ10・リジン・ビタミンB1・B2・B6・ナイアシン・パントテン酸カルシュウム・葉酸
内  容  量 1粒約300mg 150粒
規 格 成 分 5粒中CoQ10を43mgL-カルニチンを200mg
リジン300mg含有
摂     取      量 1日5カプセルを目安にお召し上がり下さい

以下パクリ

体を健康的に動かしてくれる栄養素で大切なものはといえば、たんぱく質です。
体のバランスを支え、健康でいさせてくれます。
たんぱく質を作るのに、欠かすことが出来ない栄養素がリジンです。

リジンは必須アミノ酸の一種で、効能はたんぱく質を作ることの他に、
酵素リパーゼの働きを助けるので、脂肪の燃焼にも一役買ってくれています。
抗体を持っているので、細菌を減少させれてくれますし、
口唇ヘルペスなどの菌に対しても、とても効果を発揮してくれます。

あまり知らない人もいるかと思いますが、たんぱく質は髪の毛を作る過程、
かみの毛が健康でいるためには必要不可欠の成分なので、リジンが不足してしまうと、
抜け毛や切れ毛が増えてしまうということがあります。
リジンはさばなどの青魚、そば、大豆などに含まれています。
リジンが多く含まれている食品は、好き嫌いがはっきりしているものが多いですが、
どうしても苦手な場合には、サプリメントでも良いので摂取するようにした方が良いでしょう。

リジンが不足してしまうと、髪の毛への影響だけではなく、貧血になってしまったり、
吐き気やめまいに襲われてしまう事があります。
リジンの効能は、カルシウムが効率よく吸収されるように助けてくれるものもありますので、
摂取するときはカルシウムと一緒にすると効能も上がりますね。

肝臓の機能を高めてくれる効果もあります。
普段、リジンが不足してしまうという事はあまり無いようですが、
偏った食生活をしている人は、不足してしまう事もあるようなので、
バランスの取れた食事を心がけてください。

数量: