注文も出来る商品一覧
セラミド セラミドとは セラミドにつてQ&A


コバヤシ発酵の
米糠・抽出 ・ 人型セラミド

セラミドとは ?

乾燥肌、カサカサ肌、荒れ性、などの肌荒れはセラミド不足による乾燥が原因なのです

美しい肌の角質は
新鮮なセラミドをタップリと含んでいます、セラミドは皮膚の表皮なかでも角質層に多く存在し、このセラミドが角質層に充分にある時、体内の水分が外へ逃げないような構造になっています から肌は乾燥から守られます、人の肌のセラミドは6種類有って、こセラミドが角質のラメラ構造をつくりキメを整え、肌の乾燥や肌荒れ 、小皺、クスミを防ぎ 、また外部からの刺激や細菌の侵入などを防ぐ防御などの働きをして役だっています。
角質層の構造は角質細胞が幾層にも重なってできていて、角質を接着しているのが細胞間脂質 です
セラミドはこの細胞間脂質の主成分であり、約50〜60%以上を占めています。
幾層にも重なる角質層の間隙をタップリと水分を含んで埋めているのがセラミドがお肌を乾燥から守っています 。
健康な肌にはセラミドがたっぷりと含まれており、乾燥 肌 による肌荒れも無く、しっとりしてい て透明感もあります、しかし必要量のセラミドが足りない人や、加齢や、気候の変化、環境の変化、ストレスなどによってセラミドの量が減ってくることもあります 。 
セラミドが不足すると肌の表面はガサガサの乾燥した状態に、弾力や透明感も失われた肌荒れとなってしまいます、保湿力が失われた肌は乾燥 して角質がメクレた部分には陰が出来ます、すると肌色は暗くなりくすんで見える原因にもなります、乾燥が肌深くまで及ぶとコジワ(小皺)が増え、また紫外線や細菌などの外部刺激からの防御力も失われてしまい クスンだ黒ずみさえ現れてきます。
下図参照  こうなると化粧品も一時しのぎにしかならず、真価を発揮出来ません。
セラミドは肌の潤いを保つだけではありません、メラニンが出来るのを抑えて優れた美白作用があります。

セラミドを身体の内から補給してあげると、乾燥肌は改善されキメは整い潤いの美肌に、 潤いはコジワを解消し、潤いの持続はやがて透明感のある肌へと変化します。
セラミドは身体の内から角質層に浸透し、角質層のなかで 肌を乾燥から守、役割を果たした後、角質と共に表面から垢として剥がれてゆきます、したがって身体の内からの補給が 自然の理にも叶っていて効果を発揮出来ます、乾燥や肌荒れを防ぎます、角質は何層もに成っています外からの補給では角質層の深部まで補う事は出来ません。
潤い美肌の鍵はコラーゲンではありません 、保水力の角質接着作用のセラミドだったのです、しかも内面からのセラミド補給の効果は直ぐに実感出来ます、乾燥した肌では美肌はありません、十分な量のセラミド補給こそ潤いの美肌への唯一の方法です 。
健康効果も解ってきたセラミド近年、セラミドの肌以外の作用についても解ってきました。セラミドには脂肪代謝の制御分子を調整する役割があることも判明したのです。肥満や糖尿病、メタボリックシンドロームへの働きにも期待が保てるのです。人の健康に、ますます重要な役割が期待できるセラミドは脳にも多く含まれている事から、最近は脳への作用の研究も行われているようです。セラミドは学習や記憶、痴呆改善の作用も期待がもたれ、研究、実験が行われています。
 

乾燥肌の肌荒れを改善して健康な肌になるセラミドの役割 米糠セラミドとは

上の図の左側は、健康な肌でセラミドもタップリと有り角質の接着と保水の役目を
しっかりと担っています。したがって角質表面も滑らかで、スベスベしている事を
表しています。一方右側の図はセラミドが不足しているため、角質がガサガサの
乾燥した肌荒れの状態です

年齢による角質一定量(1mg)あたりの
セラミド含有量変化・点線は平均値です。
年齢に関係なくセラミド合成量(含有量)の
低い人は乾燥肌で肌荒れを起こしやすく
敏感肌やアトピーの原因にもなります

 

セラミド先頭へ戻る
アクセス解析 & SEM/SEO講座 by CUBIT