注文も出来る商品一覧
γ(ガンマ)アミノ酪酸・GABA・ギャバ γ(ガンマ)アミノ酪酸・GABA・ギャバ

γアミノ酪酸(GABA,ギァバ)とは米胚芽に含まれるグルタミン酸を発酵によりγ アミノ酪酸(GABA,ギャバ)に転換
不眠・不安・不定愁訴・イライラ・学習能力・高血圧・腎臓機能・肝臓脂肪代謝機能・塩分排出・脳血流などに対応した
睡眠と安らぎの癒し系保健機能食品です。


γ アミノ酪酸60粒 2800円
γアミノ酪酸.800円
商 品 名 γアミノ酪酸・GABA
名    称 米胚芽発酵抽出エキス
形 態 ハードカプセル
原 材 料 米胚芽発酵抽出エキス・イノシトール
内 容 量 1粒300mg60粒入
規格成分

1粒にGABA15mgを含有

召し上り量 1日1〜2カプセルを目安
 
数量:
 

γアミノ酪酸・ギァバは特に哺乳動物の脳や脊髄に存在する神経の主要な抑制的伝達物質です。
γアミノ酪酸・ギァバは体内で主に抑制系の神経伝達物質として脳内の血流を活発にし、酸素供給量を増やしたり、脳細胞の代謝機能を高める働きがあることがわかってい ます。このため、脳内のギャバが不足するとイライラするのをはじめ、さまざまな体調不良を招き、ひいては大きな病気の引き金となってしまうこともあります。
近年までギャバを摂取しても、脳内へ到達することはないと考えられていましたが最近、摂取したギャバも脳へ届くことがようやくわかってきました。
γアミノ酪酸・ギァバは脳の血流を活発にさせるため学習能力を高めます。
γアミノ酪酸・ギァバは脳の血流を改善し脳細胞を活性化させイライラをしずめる癒し成分で癒しサプリといえます
γアミノ酪酸・ギァバは塩分排出をサポート、減塩を強いられている方にも朗報です
γアミノ酪酸
は睡眠中に生成されます、したがって眠りが浅いなどの睡眠不足はγアミノ酪酸不足 に陥ると考えられます。
血圧 腎臓機能 肝臓機能 コレステロールや中性脂肪の脂質代謝などにも嬉しい食品です。

米胚芽に含まれていますが、空気にふれない環境で玄米を発芽、発酵させγアミノ酪酸(GABA・ギァバ) を生成させました。
γアミノ酪酸(GABA・ギァバ)の含有量は白米100g中には1〜2mg・玄米100g中にには5〜8mg・発芽玄米100g中には20〜30mg前後の含有量です、 当製品、1粒中に15mg含有 、しかもカプセル中のγアミノ酪以外の成分は胚芽が元々含んでいたビタミンやミネラルですから健康に有効な成分です

γアミノ酪酸(GABA・ギャバ)の必要量は1日30mg以上といわれていますから毎食を発芽玄米食にすれば不可能では有りませんが 、毎日毎食は大変です。γアミノ酪酸・ギァバ、サプリで楽々必要量が摂取いただけます。
コバヤシ発酵のγアミノ酪酸は2カプセルでγアミノ酪酸(GABA・ギャバ)を 30mg以上摂取頂けます。
中高年から高齢になるにしたがって必要摂取量は増えていきます、加齢と共に摂取量を増やしていく必要が有ります。

 γアミノ酪酸(GABA・ギャバ)は蛋白質の構成要素にはならないアミノ酸で、血流と共に全身をめぐり、必要なとき必要な場所で即座に活躍します。このようなアミノ酸を遊離アミノ酸といいシトルリンカルニチンなど他にもあります。
γリノレン酸EPAとDHA
との併用は女性のリズム の不調や美容健康をサポートします。
食生活の変化した現代人にγアミノ酪酸(GABA・ギャバ)は不足しがちな栄養素の1つです積極的に補給を心がけたいものです。
必要摂取目安量は年齢に応じて高くなります、サプリメントで効率よく摂取することが望まれます。

 高齢になっても元気ハツラツとしていたいと願う方をγアミノ酪酸は応援します。


高齢化社会で寿命の長さだけでなく、年をとる毎に若々しく元気でいたいと願う方にγアミノ酪酸は元気生活応援サプリです。
γアミノ酪酸・ギャバは減塩食生活を強いられている人を応援します。
γアミノ酪酸・ギャバはストレス社会を爽やかに元気に頑張る貴方を応援します。
γアミノ酪酸は癒し系、ストレス社会に強い味方です、γアミノ酪酸は集中力を必要とする人にも強い味方です。

γアミノ酪酸の副作用は報告されていません。γアミノ酪酸を関与成分とする特定保健用食品も許可されている。
1日必要量とされる30mgの数倍から10倍程度の範囲内では過剰摂取とはいえない量で、副作用の心配もありません。害作用は無く安全なサプリです。

玄米はもとより乾燥品の発芽玄米にはアブシジン酸という成分が含まれていて常食すると健康上好ましくないと考えられます。玄米食は一昼夜以上水に浸し玄米中に有るアブシジン酸を消失させてから、発芽玄米も発芽させたものを乾かさずに炊く必要があります。乾燥させる過程の僅かな時間で、お米は自らの命を守るため、アブシジン酸を多量に作り出してしまうのです。
アブシジン酸、は多くの植物が持っている成分で特に実(種)に多く存在します。
主な働きは植物が生存(成長)するために不利な環境になったとき、あるいは発芽の環境が調はない時、発芽や生長などを抑制したり停止させて、植物の生命を守る働きが主な作用です。(水分、温度など植物の生長に不適切な条件での発芽や生長は植物の死をもたらします)
特に種子中に多く、この生長に抑制的なアブシジン酸を長期間摂取すると、血流が抑制される、冷えが進行するなど人の身体にも抑制的な害作用が現れてくると考えられます。
玄米に限らず穀物は一昼夜水に浸してから煮炊きすべきなのです、白米は必要有りません、市販の発芽米も一昼夜水に浸してから炊けば、アブシジン酸は消失しています。
コバヤシ発酵のγアミノ酪酸(GABA・ギャバ)
製品にはアブシジン酸は全く含まれていません。

アクセス解析 & SEM/SEO講座 by CUBIT