注文も出来る商品一覧

ガンマリノレン酸( γ リノレン酸)ガンマリノレン酸 γ リノレン酸 γ リノレン酸とは ボラージ草とは

ガンマリノレン酸( γ リノレン酸)
コバヤシ発酵のγ リノレン酸(ガンマリノレン酸)は1粒に60mgのγ リノレン酸を高含有し、γ リノレン酸にビタミンEを 60mg含有する他にない高品質な製品です、・欧米でγ リノレン酸は自律神経不調、PMS(生理前症候群)、生理不順、生理痛、 更年期障害、不定愁訴、アトピーや喘息、花粉症、リュウマチなどのアレルギーや美肌、ニキビ、肌荒などにγ リノレン酸が利用されています。
γ リノレン酸とは、自律神経機能の調整に必要で大変重要な成分、従ってγ リノレン酸を充分摂取すると生理痛やPMS(生理前症候群)を改善し、その他中性脂肪の低下やHDL(善玉)コレステロールの増加などが注目されてい ます
美肌にも体内のγ リノレン酸 量が大変重要なのです。
γ リノレン酸とは人健康を維持するために欠かせない必須の脂肪酸です、コバヤシ発酵のγ リノレン酸は
1粒に60mgのγ リノレン酸を高含有し、しかもビタミンEを60mg含有する他にない高品質なγ リノレン酸製品です。


 

  
γリノレン酸の必要量は ・ γリノレン酸とEPAの違い ・ アラキドン酸とは ・ αリノレン酸とはEPAとは ・ γリノレン酸とEPAの代謝経路

γ リノレン酸の必要量は
γリノレン酸の必要量は
様々な学説が有りますがγ リノレン酸、EPA 共に成人で1日300mgから1000mg以上 が必要と言われています。
γ リノレン酸
は体内では速やかにジ・ホモ・ γ リノレン酸ヘ代謝されその一部はさらにアラキドン酸へと代謝されます
ジ・ホモ・γ リノレン酸アラキドン酸EPAの三種の脂肪酸はプロスタグランジンという健康維持に必要な物質を作り出すのです 。
(下の
必須脂肪酸代謝経路図をご覧下さい)

γリノレン酸の欠乏
γ リノレン酸はPMS(生理前症候群)、生理不順、生理痛、 更年期障害、不定愁訴、アレルギーやアトピー花粉症、ニキビ、肌荒れ、肌老化、節々のトラブル、免疫低下、慢性疲労、高血圧、高血糖、血栓が出来やすい、湿疹や脱毛、不定愁訴、精神不安、 などのサプリメントとし欧米では常識です。
γ リノレン酸は体内でリノール酸から代謝されて作られますが、先天的な要因でうまくいかない人が4人に1人 いると言われています。
 
γ リノレン酸の(γ)ガンマとは (α)アルファ、(β)ベータ、(γ )ガンマの順に順位を表す記号で3番目に発見されたリノレン酸と言う意味です。
またエイ コサペンタエン酸をEPAと略すように
γ リノレン酸はGLAと略します、ガンリノと簡便に呼ばれる事も有ります。
γ リノレン酸はオメガ3脂肪酸又はn-3脂肪酸とも呼ばれ ています。

γ リノレン酸は体内でγ リノレン酸→ジホモ ・γ リノレン酸→一部がアラキドン酸へと変換されます。
ジ・ホモ・γ リノレン酸はプロスタグランジン1グループ の出発物でありアラキドン酸はプロスタグランジン2のグループの出発物であり健康維持に必要な物質を作り出すのです 。
プロスタグランジンは3グループ有ります、
プロスタグランジン1グループの出発物はジホモガンマリノレン酸、2グループ の出発物はアラキドン酸、
3グループの出発物はEPAです。

     リノール酸→→γ リノレン酸→→
ジホモ γ リノレン酸 →→ アラキドン酸         アルファリノレン酸→→ E P A
                          
    ↓              ↓                         
                          
 
   ↓                          ↓                                        ↓                                                 プロスタグランジン    プロスタグランジン                          プロスタグランジン
                     
       1グループ         2グループ                           3グループ


γ リノレン酸は体の中で脂肪として蓄積されることはありません

γ リノレン酸とEPA違い
下のγリノレン酸とEPA、2つの構造式を見ても違いはわずかで微妙なちがいです。
γ リノレン酸  は 炭素数(C)18、不飽和の始まりは最初炭素から数えて6番目の炭素に不飽和が始まる 脂肪酸をn-6またはオメガω-6という
E  P  A
    は 
炭素数(C)20、不飽和の始まりは 最初炭素から数えて3番目の炭素に不飽和が始まる脂肪酸をn-3またはオメガω-3という
両者が必須脂肪酸ですから違っていて当然ですが、微妙な違いですが働きは異なります。

身体の中ではジホモγ リノレン酸とアラキドン酸そしてEPAから作られる3つのグループのプロスタグランジンが、時に対抗し時に強調しあって体内のバランスをや恒常性を保っている といわれています。
γリノレン酸とEPAはそれ自体の生理活性の他にプロスタグランジンの原材料であることから健康維持に非常に大切なのです。

アラキドン酸とは
リノール酸 →
γ リノレン酸 → ジホモγ リノレン酸 →一部が アラキドン酸  と体内で代謝されて出来ます。
アラキドン酸はプロスタグランジン2グループの出発物であり健康維持に必要な物質を作り出すのです 。人の脳などにたくさん存在します。
アラキドン酸は炎症物質の材料でもあります、炎症があるときには人もアラキドン酸を多量に作り出します。
アラキドン酸は炎症物質の材料にもなります、炎症などのある時はアラキドン酸を含んだ食品、例えば動物性食品を控える事と必要以上にアラキドン酸を作らない様にしないといけないわけです。
十分な量のEPAの補給が必要以上のアラキドン生成を抑制するといわれています。
動物性食品にはアラキドン酸が多量に含まれていますから、こういう時は要注意です。


(α)アルファリノレン酸とは
もう一つの人の必須の不飽和脂肪酸です。
オメガ3脂肪酸又はn-3脂肪酸とも呼ばれ ています・アメリカではW3と表記されることが多い
体内でアルファリノレン酸→エイコサペンタエン酸(EPA)→ドコサペンタエン酸(DPA)→ドコサヘキサエン酸(DHA)へと変換される。
EPAはプロスタグランジン3グループの出発物で
アルファリノレン酸も又 γ リノレ酸同様必須の脂肪酸ですから健康維持に欠かす事は出来ません。
EPAも γ リノレン酸と同様に体内に脂肪として蓄積される事はありません。

須脂肪酸とは
の必須脂肪酸は2 っあります、体内で他の脂肪酸から作り出せないため摂取しなければなりません従って必須脂肪酸に分類されているわけです。
その2つとはリノール酸アルファリノレン酸です。

しかしこの2つの脂肪酸の一部は、さらに体内で変換さなければならないのです。
リノール酸はγ リノレン酸 アルファリノレン酸は EPA にです 。
この変換が重要なのです
この重要な変換の出来ない人が四人に一人もの割合でいることが近年、欧米の研究でわかってきています。
仮に変換
出来たとしても必要量を必要な早さでγリノレン酸やEPAが作れない人がいるのです。
従って研究に携わった多くの学者はγリノレン酸EPAこそが人にとっての必須の脂肪酸だと いっています。
体内に無くてもよいが有った方がより健康に有利だというような成分では有りません全ての人の必要成分です。ですから必須脂肪酸なのです。
乳児期の赤ちゃんは合成出来ません、したがって母乳に含まれる大切な成分なのです。   

人はこの最初の不飽和の位置を変える事は出来ませんn-6系をn-3系に変えたり又その逆に変えたり出来ないのです

 
したがってγ リノレン酸とEPAの2種類を摂取しなければならないのです、γ リノレン酸とEPAが必須脂肪酸となります
 n-3系の脂肪酸、α リノレン酸の場合は不飽和の始まる炭素番号は3番目で不飽和の場所は2カ所
 アルファリノレン酸は2カ所→エイコサペンタエン酸(EPA)は3カ所→ドコサペンタサエン酸 (DPA)は4カ所→ドコサヘキサエン酸(DHA)は6カ所と不飽和の数が増えていきます。
人は体内で不飽和の数を増やすだけではなくC(炭素)の鎖を長くしたりも出来ます。
 
アルファリノレン酸の炭素鎖は18列(C18)→EPAへと代謝されると炭素鎖は20列(C20)さらにDPA、DHAでは22列(C22)になります
 
 n-6系の脂肪酸、リノール酸の場合は不飽和の始まる炭素番号は6番目で不飽和の場所は2カ所
 
γ リノレン酸は3カ所→ジホモγ リノレン酸 4カ所→アラキドン酸5カ所と不飽和の場所が増えてゆきます。
 γ リノレン酸の場合も不飽和の数を増やすだけではなくC(炭素)の鎖を長くしたりも出来ます。
 n-6系での炭素鎖はリノール酸→
γ リノ レン酸で18列(C18)→ ジホモγ リノレン酸とアラキドン酸では20列(C20)と長くなっています
 
 n-9系の脂肪酸は不飽和の始まる炭素番号は9番目で不飽和の場所はこの最初の1つだけです。オレイン酸が代表的です。
 
 
  重複になりますが栄養学的には摂取するべき必須脂肪酸は、リノール酸とアルファリノレン酸とされていますが
 リノール酸から→
γ リノレン酸に 又 アルファリノレン酸から→EPAに変換出来ない人がいるとの報告があります、出来たとしても必要量を必要な早さで作り出せない人がいる事を研究者が指摘しています。さらに中年以後この変換能力は確実に低下してゆきます。
 しかし必須ですから補わなければなりません
自律神経の不調や生理前症候群・更年期障害の症状、脂肪肝などはγ  リノレン酸とEPA摂取で未然に防げ健康維持に重要なのです。

  リノール酸以下の代謝がうまくいっていない人がいることは近年まで知られていませんでした、必要量のγ リノレン酸が作り出せない人に加えて、食生活の不備、過度の飲酒、ストレスなどでスムーズに変換できない人が増えていると指摘されています 。
 
近年、誤った栄養指導によって過剰のリノール酸摂取が推奨され、体内での過酸化脂質の問題が アレルギー、生理前症候群、慢性疲労、生活慣病の増加といった潜在的な健康被害が増加しました、加えてリノール酸から
γ リノレン酸への変換が出来ないと、リノール酸の害作用は大きくなるばかりです。
 リノール酸の摂取は可能な限り減らすべきなのです

γ リノレン酸(N-6系)とEPA(N-3系)の必須脂肪酸代謝経路図

*食生活の不備とは、マグネシュウム・亜鉛・ビタミンB6などの慢性的欠乏。(緑黄野菜、海藻などの不足)             
*合成妨害要素としてはトランス脂肪酸(水素添加油ともいう)飽和脂肪酸(主に動物性油)アルコール、砂糖、化学物質、など

 ガンマ(γ)リノレン酸の存在、母乳と植物 | ガンマリノレン酸
  γ リノレン酸はボラージ草など数種の植物と母乳にしか存在が知られていません、通常の食品では摂りにくい栄養成分です

ガンマリノレン酸を含有する植物油とガンマリノレン酸含有量


γ リノレン酸は・月見草・クロスグリの実(カシス)・ボラジ草(ボリジ)などのごく一部の植物
  一部の藻類などにわずかに存在するだけです、一般の食材での摂取が難しい栄養素なのです。


健康な女性の母乳中の脂肪酸組成
 (母乳1リットル中のガンマリノレン酸含有量)

n-6系列(リノール酸系列)

n-3系列(αリノレン酸系列)

リノール酸

γ リノレン酸

アラキドン酸

αリノレン酸

EPA・DHA

5700mg

230mg

190mg

800mg

230mg

γ リノレン酸はジ・ホモγ リノレン酸との合計量   EPAとDHAも合計量
 ※乳児期は合成できないため母乳中の大切な成分です、また加齢と共に合成量が減る事も指摘されています。

 
母乳中のγ リノレン酸やEPA不足 は母親の食事が原因と考えられています、また トランス脂肪酸 が母乳中に含まれている
場合があるとの指摘があります。

ボラージ草について詳しく見る                 γリノレン酸へ戻る             ご愛飲者様の声  商品一覧からもご注文頂けます アクセス解析&SEM/SEO講座&ブログ for オンラインショップ開業