注文も出来る商品一覧
イソフラボン&ローヤルゼリー・女性の健康・必要量(摂取量)・副作用

イソフラボンとローヤルゼリー

女性の健康にうれしい健康食品の一つでが大豆ポリフェノール のイソフラボンという成分です。
ローヤルゼリーもまた素晴らしく健康に役立つ特徴的な成分を含有しています、
だから長い歴史を超えて支持され続けてきましたそのローヤルゼリーをプラスしました。
イソフラボンとは、 女性の健康、ポリフェノール類、活性酸素消去、イソフラボンの不足、イソフラボンの必要摂取量は、副作用は、ローヤルゼリーの特徴的な成分などについて。


90粒3800円
数量:

イソフラボンとは、イソフラボンと女性の健康
イソフラボン摂取量の多い地域、つまり大豆食品を多食する地域では、骨粗鬆症や更年期障害など女性ホルモンに関わるトラブルが少ないそうです

イソフラボンは大豆に含まれているポリフェノールですから大豆や大豆製食品をたくさん食べる地域では健康で長生きな人が多いのです。
大豆は栄養に富むだけでなく健康維持に役たつイソフラボンという成分が含まれています
イソフラボンが女性の健康や長寿に役立つのではないかと研究が盛んになったのです。

イソフラボンという ポリフェノールとは
ポリフェノールとは亀の甲のような環状の炭素骨格に水酸基という部分が二つ以上くっついた分子構造を持つ化学物質の総称です。
いま話題になっているポリフェノールはもっぱら天然の食品中の成分です。
植物も数々のストレスにさらされています、紫外線、虫食い、温度差や乾燥などストレスも様々です、これらに対抗するあるいは防御する為の成分としてポリフェノールを生成していると考えられます。
ほとんどの植物が何らかのポリフェノールを
持っていて、ものすごく種類が多 く、4000種類以上といわれ、渋み 、苦みやえぐみ、色素であることが多くかつては栄養や健康とあまり関係ないと考えられてきたようです。 そんなポリフェノール群が、体によい食品成分として注目されるようになったきっかけ は四十年ほど前のフリドビッチらの研究に始まります。

活性酸素消去/スーパーオキシド,活性酸素と/SOD
フリドビッチらは人の体内で通常の酸素よりはるかに毒性の高いスーパーオキシドという活性酸素が生成されることを発見しました
活性酸素は非常に酸化力が強く、抗酸化成分のSOD様物質が体内に豊富にないと正常細胞までも傷つけガンを発生させたり、現代病の元凶でもある厄介者の過酸化脂質を作り出してしまうのです。
近年、生活習慣病などの成人病は活性酸素が主な要因になっていることは医学的にも常識となってきました。
フリドビッチらは
この活性酸素を消去する酵素も血液中(赤血球)に発見してスーパーオキシドジスムターゼSODと名付けた。
生物が呼吸し新陳代謝をしているとき体内にとりこまれた酸素の約2%が活性酸素という毒物になると言われています。

その後の研究は多種類の活性酸素と多種類の消去酵素を発見し、活性酸素の生成や消去のメカニズムも解明されました。

ポリフェノール類
体内で作られ る活性酸素消去酵素(SOD)だけでは、活性酸素が消去しきれないという事が解ってきました。
食品で摂取する植物ポリフェノール類のフラボン、フラボノール、イソフラボン、カテキン、リコピン、カルゴン、アントシアニジンやビタミンE、C βカロチン等々 のSOD様の生理活性を持つポリフェノールや抗酸化ビタミンなどの成分に私たちの体内は活性酸素消去の働きを大きく依存していることが判ったのです。
したがってポリフェノール類のSOD様抗酸化成分を含む野菜や果物の摂取不足は、間違いなく健康維持に支障を来します。

もう一つの研究に赤ワインのポリフェノールがあります、動脈硬化は、血中の悪玉コレステロール(LDL)が増えたり、酸化したりすると起きやすい。ところが、フランス人はほかの欧米諸国並みに肉をよく食べる のに動脈硬化が少ない。
この「フレンチ・パラドックス」を解くカギとして、フランス人が愛飲する赤ワインの成分、ポリフェノールが注目され、LDLの酸化を防ぐ抗酸化作用があることが、90年代前半に各種の実験で確かめられたです。
赤ワイン の健康増進作用は昔から知られていたといいます。 
日本でも緑茶カテキン、大豆イソフラボンの研究が盛んになり、日本人が昔からお茶や大豆食品を通してポリフェノールを食べてきた。
それが実は非常に健康維持に役立っていたのが明らかになってきたのです。

イソフラボンの不足

大豆食材は日々の食事で十分に摂れていると思われがちですが、実は大豆イソフラボンは不足してしまうことがあるのです。
なぜならイソフラボンが多く含まれている大豆の胚芽部分には苦みやえぐみがあり、加工食品では取り除かれることが多いためです。 また食生活の変化による、大豆製食品の減少、味噌、醤油などの減少によるものとされます。イソフラボンを毎日の食生活に取り入れて、すこやかにお過ごしください。

イソフラボンの必要摂取量は 

ソフラボンの平均摂取量は18.9mgイソフラボンの摂取量は1日40mg〜60mg摂取が理想です
豆腐なら半丁、きな粉なら20〜30g、納豆なら60g(1パック)程度です。
多量に摂取しても排出されてしまいますから心配有りませんが1日60mgの摂取量で十分です。
 

2006年5月、食事以外からの大豆イソフラボンのアグリコン型の摂取量につきまして、1日 30mg という上限値をもうける案が食品安全委員会から厚生労働省へ提出されました。
2007年4月から大豆イソフラボンを含む特定保健用食品および健康食品については、1日の摂取目安量が30 mg を超えないようにする」との指針が厚生労働省から正式に出されました。
これは長期間に及ぶ過剰な摂取による身体への安全性が審議された結果によるものです。

コバヤシ発酵のイソフラボンはアグリコン型ではありません、大豆芽軸から抽出された自然のままのイソフラボンです。
アグリコン型に比べると若干吸収が劣りますが、自然のままの方が健康維持に役立つ様々な機能が有ります。

イソフラボンの副作用
大豆芽軸が原料ですから極めて安全です。
イソフラボンは実際のホルモンとは違い、弱い働きをする自然に存在する成分であり薬ではないため、副作用の心配はないと言われています。更年期障害の治療法として女性ホルモンであるエストロゲンを投与する方法がありますが、イソフラボンはエストロゲンに比べると効果は落ちるが副作用がないのが利点だという発表もあります。

★大豆イソフラボンは女性ホルモンの様に肝臓を傷める事や体内のホルモンバランスを乱す事もありません。
★イソフラボンは大豆アレルギーのある方にはご利用いただけません。
★女性ホルモン用の効果を期待して、グラム単位の多量摂取は良くありません。摂取量は守って正しく健康維持にお役立て下さい。

ローヤルゼリー 
ローヤルゼリー特有の成分とビタミン、ミネラルを数倍に高めたローヤルゼリーです
ローヤルゼリーには、10ビドキシデセン酸、アセチルコリン、パロチン、ビオプテリンなどの40種類を超える豊富な栄養素がバランスよく含まれています。
何千年もの長い歴史のなかで健康食品としての座を確保し続けているローヤルゼリー、その理由は含有成分に有ります、ビタミン、ミネラルなどをバランス良く豊富に含有し且つ、
アセチルコリン、10-ヒドロキシデセン酸、パロチン類、ビオプテリンなどのローヤルゼリーにしか含まれていない素晴らしく健康に役立つ特徴的な成分を含有する健康効果のある女性に嬉しい食品だから長い歴史を超えて支持され続けたと思われます。
イソフラボンに配合されたローヤルゼリーはアセチルコリン・デセン酸・パロチン・ビオプテリン などのローヤルゼリーの特徴的成分を通常のローヤルゼリーの2.5倍以上の高含有に精製した特別な製品です、生換算500mgといっても実質1000mg以上の生換算に匹敵します。

アセチルコリンについて 人間の神経伝達物質として重要な役割を担うアセチルコリンはローヤルゼリーの中に大量に含まれています。自律神経の健康やボケの予防に役立つものと大きく期待されている物質です
10-
ヒドロキシデセン酸
ついて   ローヤルゼリーにのみ存在する物質で、生命中枢の活動を促進する持つ唯一の物質と言われています。体内の糖代謝を正常にする働きがあり、女性の人生の変わり目や毎月のリズムを心身共にサポートし、また生活習慣の改善に役立つと期待されています
パロチン類
について  
パロチン類とは、唾液腺ホルモンに類似した貴重な成分で、若さを保つのに重要な役割を果たすといわれています 、細胞を活性化する若返りのホルモンとも呼ばれローヤルゼリーが老化防止に効果があると言われている成分です
ビオプテリン
ついて 
ビオプテリンもローヤルゼリーに特徴的な成分です、ノーベル賞受賞学者のプテナント博士が発見した物質で、ビオプテリンは栄養素の吸収を促す作用を持ち、ローヤルゼリーを食べさせてもらった蜂みが女王蜂へ分化出来るのはこのビオプテリンがに関与しているといわれています
 

 
アクセス解析 & SEM/SEO講座 by CUBIT