グルコサミン
N-アセチルグルコサミン

美肌サプリ・アセチルグルコサミンは 節々と美肌の潤い成分
速やかに潤い成分になるから節々もお肌も潤いタップリ
グルコサミンを摂っても体内でアセチルグルコサミンに変換されないと吸収されません
グルコサミンよりも
約3倍も吸収され効率のよいアセチルグルコサミン を
母乳にも含まれているグルコサミンもアセチルグルコサミンです
 

アセチルグルコサミンは節々と美肌に ・ 潤い120粒・大特価約1ヶ月分4800円
おすすめ摂取量は 1日1g(1000mg) 程度の摂取量がおすすめです
1粒425mg・内容量350mg1日4粒で1.2g(1200mg)アセチルグルコサミンが摂取出来ます

数量:

N-アセチルグルコサミンてなに?N−Acetyl Glucosamine
アセチルグルコサミンの美肌サプリでお肌プルプル 、アセチルグルコサミンはヒアルロン酸の素、ヒアルロン酸は肌内部の角質層よりも下のコラーゲン組織のスキマを埋めている潤い成分で肌のハリや弾力性に関与する大切な潤い成分そのヒアルロン酸を作っているのがアセチルグルコサミンなのです
美肌サプリはこの大切な天然のアセチルグルコサミンをエビやカニの甲羅のキチンから取り出したしました。
アセチルグルコサミンはアミノ糖が何百万と鎖状に連なって出来ていて、これにカルシュウムや蛋白が結合して硬い甲羅になってい るのがキチンです。
植物の繊維は最小単位がブドウ糖でこのブドウ糖が何百万も連なって繊維を構成しているのと同じように、エビやカニの甲羅の最小単位はアセチルグルコサミンというアミノ糖なのです 。
このアミノ糖が
人の身体ではヒアルロン酸やコンドロイチンの構成成分になっていますから健康維持にもプルプル肌にも 節々にもアセチルグルコサミンは必要ですから補いたいわけです!!
母乳中にもオリゴ糖として潤い成分・アセチルグルコサミンが存在し乳児の健康維持、又はお腹のビヒズス菌の栄養となり赤ちゃんの健康に役立っていますし若さを保つために大切な成分です。
牛乳中にも微量含まれていますが、牛乳で1日の必要量を摂取するためには約10リットルも必要です。
キノコの繊維はキチン(カルシュウムが結合していないのでキノコは柔らかい)ですがキノコを食べてもキチンは消化出来ません、なぜなら人はキチナーゼという酵素を人は持っていないからです (腸内の微生物によって分解されますが微生物の栄養になってしまいます)
同じように、カニやエビの甲羅を微粉末にして食べても残念ながら消化吸収出来ません。
このキチンをキチナーゼという酵素のハサミの働きで切断すると最小単位のアミノ糖アセチルグルコサミンが得られるのです。
最小単位のアミノ糖ですから、極めて吸収が良く速やかに
体内でプルプル成分のヒアルロン酸に生まれ変わります。
ヒアルロン酸やグルコサミン(植物性も含む)摂取が提案され宣伝されていますが、グルコサミンを摂取してもアセチルグルコサミンに 腸内で変換されないと吸収できないのです、アセチルグルコサミンのほうが3倍も効率が高いのです。
母乳にも含まれているアセチルグルコサミンですからヒアルロン酸やグルコサミンを摂るより自然なかたちと考えられます
また吸収されなかったアセチルグルコサミンは腸内のビフィズス菌などの善玉菌によって利用され善玉菌群が増えます。
アセチルグルコサミンの食品としての安全性は全く問題ありません

        美肌サプリのアセチルグルコサミンでお肌プルプル節々快調

グルコサミンはカニ甲羅または植物性であっても体内での利用率が8%前後と少ないのに対し
   
潤い成分・アセチルグルコサミンの利用率は約3倍も高い23.8%にもなります

 
 
なぜか?
  

  潤い節々と美肌成分・アセチルグルコサミンは酵素の力で自然のままの姿で生み出されるのです

 
これが違いです!!

上の図の1粒1粒がアセチルグルコサミンです、このアセチルグルコサミンが何万も何十万も鎖状に連なったキチンを表し
ています。
 自然に存在するアセチルグルコサミンはこのような形で存在します 、このアセチルグルコサミンの鎖にタンパク質やカル
シュウムが結合して固い甲殻を作っています。通常これを塩酸などを使って強力に分断してしまいます、すると殆どのアセ
チル基は外れてしまい単なるグルコサミンになってしまいます
 今話題のグルコサミンは正確にはグルコサミン塩酸塩または硫酸塩はこうして作られたものです。
 ここでご紹介しているアセチルグルコサミンは強固な結合をすべて、下図のように一個一個を酵素というハサミによって
穏やかに切断し自然のままの潤い 美肌成分アセチルグルコサミンを取り出したものなのでこのN-アセチルグルコサミンは
母乳に含まれるものと同じものです。


図のように酵素のハサミで切断されて生まれたアセチルグルコサミンは
ヒアルロン酸やグルコサミンの3倍も利用効率が高いのです
年齢による潤い美肌成分の変化(下図)
 潤い 美肌成分のヒアルロン酸は、加齢と共に次第に減少していくことが知られています
 20代で 0歳児のなんと!約半分まで減ってしまいます、この頃から目尻などに
 小皺(カラスの足跡)が出はじめて来るのはアセチルグルコサミンの減少に因るためなのです
 体内のアセチルグルコサミンの生産の減少はヒアルロン酸の減少に直接影響します
20歳をすぎると潤い成分が減少するのは何故 ?

始めよう潤い習慣
20歳をすぎたらアセチルグルコサミン補給

加齢と共に肌や関節をはじめ体内の潤い成分が減少してしまうのは コラーゲンの不足?・・・違います  体内でコラーゲンを作るなら お肉、お魚、大豆など良質な蛋白で十分作れます。
コラーゲンを食べても体内でコラーゲンに成るわけではありません、体内でコラーゲンを作るためには日常の食生活で必須アミノ酸を補給していれば十分なのです。
コラーゲン組織は網の目の様な構造をしています、網の目ですから内部は空なのです、この空の部分に保水力抜群のヒアルロン酸やコンドロイチンがビッシリと入り込むとプルプルお肌やスムーズな関節が保てるのです。 (右の図)のようにグリコーゲンを出発物としてN-アセチルグルコサミン6リン酸へ代謝される量が加齢と共に減少して潤いの原材料が枯渇してしまうからなのです。
   
(上の図)をご覧下さい20代で早くも0歳児の半分に潤い美肌成分は減ってしまいます、驚くべきことです。 

肌の潤いの基本は角質層の水分を保持する力にありますから
乾燥肌、 肌荒れ、小皺などのトラブルは角質層に必須の成分
セラミドを 併せて御検討下さい。
アクセス解析 & SEM/SEO講座 by CUBIT